熱間・冷間鍛造から高圧ガス容器の開発製造
サムテック株式会社

ENGLISH サイトマップ
トップページ > 企業情報:工場・設備 > 製造設備詳細
企業理念 会社概要 工場・設備 よりよい製品づくりを目指して 省資源・省エネルギーに努めた技術 アクセス

製造設備詳細情報

熱間鍛造

鋼材(丸鋼) の予熱 ⇒ 鋼材の切断 ⇒ 切断材の加熱 ⇒ 鍛造(トランスファービーム方式による自動搬送装置つき全自動)の連続する一貫生産方式により、高い生産性と高品質を保持しています。また一連の全設備は、自社開発によるコンピューター方式により自動制御されています。

本社工場
プレス名トリミングプレス年間能力 [トン/年]年間能力 [万個/年]成形最大外径
700t100t4,000420φ90
1,000t100t4,400440φ90
1,200t-1250t6,000490φ110
1,200t-2(閉塞鍛造機) -----6,400510φ110
1,500t150t6,900470φ120
小計15,3002,330
羽曳野工場
プレス名トリミングプレス年間能力 [トン/年]年間能力 [万個/年]成形最大外径
1,600t(閉塞鍛造機) -----7,000460φ120
1,800t300t6,200340φ130
2,000t300t6,500370φ140
2,500t350t8,500350φ150
3,000-1-----9,200380φ170
3,000-2-----10,000420φ170
3,000-3-----12,500525φ170
小計59,9002,845
合計75,2005,175
3000トン5工程トランスファ−プレスライン
3000トンライン丸鋼切断機
 
3000トンライン高周波誘導加熱炉
3000トン5工程トランスファ−ライン
 
製品搬送コンベア
 

冷間鍛造

熱間鍛造後に冷間鍛造を追加工、自動車用MTギャのドッグ歯の成形やATプランジャを成形する630トン+630トンの自動ライン、及び冷間鍛造のみにて異形フランジを持つハブユニット外輪を閉塞成形する1000トン+250トンの2ラインがあります。なお冷間閉塞成形のための装置一式は自社開発によるものです。

設備名プレス構成年間能力 [万個/年]
1000トンライン630トン+630トン75
630トンライン1000トン+250トン120
1000トン+250トントランスファーライン
第2工程ダイ
 

フローフォーミング

フローフオーミングはスピニング技術を発展させた新しい塑性加工方法で、ワーク内壁に長尺スプラインを後加工レスで成型します。ワークのセットから成型さらに最終のNC旋盤によるバリトリミングまで、すべてロボットを駆使して、全自動で高い生産性を誇ります。また製品精度の要となる高精度マンドレルはすべて社内製作です。なお、フローフオーミングの前工程である旋削もすべて社内で行っています。

設備名ライン数年間能力 [万個/年]
フローフォーミング8ライン205
前旋削ライン10ライン130
縦型フローフォーミングマシン
縦型フローフォーミングマシン
 

高圧ガス容器

アルミ製ライナーの表面にカーボン繊維を巻き付けた超高圧複合容器の生産をおこなっています。
ライナー成形から容器の完成に至るまで、すべて内製による一貫加工で行われ、超高圧容器特有の厳しい品質基準に準拠すべく、充実した各種試験設備を導入し、その品質において高い信頼性を得ています。

設備名台数
大型スピニングマシン1
フィラメントワインディングマシン2
ハイドロ試験機(大型・小型)2
サイクル試験機増圧器(大型・小型)2
バースト試験室1
Oリング据付装置(気密試験機)4
大型スピニングマシン
フィラメントワインディングマシン
 
ハイドロ試験機
サイクル試験機増圧器
 
バースト試験室
Oリング据付装置(気密試験機)
 
設備名台数
800トン複動式油圧プレス1
マシニング機1
内面研磨機1
曲がり・真円度測定器1
渦流探傷装置1
脱脂洗浄機1
硬化炉3
クリーンブース1
引張試験機1
PAGE TOP