熱間・冷間鍛造から高圧ガス容器の開発製造
サムテック株式会社

ENGLISH サイトマップ
トップページ > 企業情報:会社概要
企業理念 会社概要 工場・設備 よりよい製品づくりを目指して 省資源・省エネルギーに努めた技術 アクセス

会社概要

会社概要

社名 サムテック株式会社
設立 1949年(昭和24年)
創業 1913年(大正2年)
資本金 9,500万円
主要製造品目 自動車用鍛造品およびフローフォーミング成形品ならびに高圧ガス容器の製造販売
所在地 本社工場
582-0027大阪府柏原市円明町1000番18
Tel.(072)-977-8851 Fax.(072)-977-8854
敷地面積 3,324m² 建物面積 2,569m²
羽曳野工場
583-0841大阪府羽曳野市駒ヶ谷1452-7
Tel.(072)-977-8852 Fax.(072)-956-4061
敷地面積 32,530m² 建物面積 19,377m²
工機工場
582-0027大阪府柏原市円明町1000番95
Tel.(072)-927-9011 Fax.(072)-927-9013
SAMTECH International Inc.
Head Office & Main Plant
1130 East Dominguez Street Carson, California 90745 USA
Tel.310-638-9955  Fax.310-638-6593
Samtech (Thailand) Co., Ltd.
219/2 Moo 6, Tambol Bowin, Amphur Sriracha, Chonburi 20230 Thailand
Tel.+66 (0)38 110512  Fax.+66 (0)38 110516
役員
代表取締役社長阪口善樹 取締役会長阪口鉄兵
専務取締役阪口直樹 取締役副会長阪口龍二
常務取締役阪口竜弥 取締役山本和明
従業員数 350名
生産能力 69,600トン/年
年商 156億円(2015年実績)

主要得意先名(順不同)

マツダ株式会社                  岩谷産業株式会社
株式会社ジェイテクト               大陽日酸株式会社
日本精工株式会社
NTN株式会社
GKNドライブライントルクテクノロジー株式会社
NSKワーナー株式会社
株式会社アツミテック

取引銀行

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
商工組合中央金庫
国際協力銀行

沿革

1913年(大正2年)阪口久二郎、大阪市西区境川町に個人経営の鉄板抜物工場を創立。自転車部品の素材、ワッシャリング等の製造を始める。
1949年(昭和24年)2代目阪口鉄男、大阪鉄鋼株式会社を設立。資本金50万円。
1957年(昭和32年)社名を阪口鉄工株式会社と改称。鉄板抜物から熱間鍛造品製造に転換。
1964年(昭和39年) 光洋精工株式会社 (現(株)ジェイテクト)とベアリング熱間鍛造品の取引を開始
1969年(昭和44年)資本金を800万円に増資。鍛造用プレス等を増設し、プレス鍛造専門工場となる。
1970年(昭和45年)大阪府より「設備自動化研究開発補助金」の交付を受け、鍛造プレスの「トランスファビーム方式による自動送り装置」(特許)を開発。鍛造自動化の先鞭をつける。
1972年(昭和47年) NTN東洋ベアリング株式会社(現NTN(株)とベアリング熱間鍛造品の取引を開始
1973年(昭和48年)東洋工業(株)(現マツダ(株))と自動車用熱間鍛造部品の取引を開始
1979年(昭和54年)本社工場を大阪市西区より柏原市の現在地に全面移転。
1983年(昭和58年)中小企業庁から「中小企業合理化モデル工場」の指定を受ける。
1986年(昭和61年)企業経営の合理化に努め、その成績優秀につき「中小企業長官賞」を受賞。受注増加に対応すべく羽曳野工場を新設。1,800トン熱間自動鍛造ラインを新設。
1987年(昭和62年)川崎重工業(株)と単車、自動車用熱間鍛造部品の取引を開始
日本精工(株)とホイールハブユニット熱間鍛造品の取引を開始
1989年(平成元年)大阪府より「品質管理賞」を受賞。社名をサムテック株式会社と改称。羽曳野工場完成。
1991年(平成3年)2500トン熱間鍛造ライン・630トン冷間鍛造ラインを加え、羽曳野工場の全自動式3ラインが完成。
1993年(平成5年)イギリスのブリティッシュスティールフォージ社に、鍛造品の特殊技術に関する技術移転契約を締結。
1995年(平成7年)R&Dセンター(現羽曳野第二工場棟)を設立。フローフォーミング(ロールフォーミング)加工技術確立により、部品の一体化、軽量化等 時流を踏まえた新分野へ進出。
栃木富士産業株式会社(現 GKNドライブライントルクテクノロジー(株)と自動車用フローフォーミング成型部品の取引を開始 
1996年(平成8年)アメリカカリフォルニア州カーソン市に、サムテックインターナショナル(株)を設立。(資本金450万ドル。サムテック(株)全額出資。)  高圧ガスボンベ用超軽量ライナーの開発製造等塑性加工の新分野へ進出。又アメリカでの本社製品の営業拠点も兼ねる。
1996年(平成8年)アメリカのウォーカーフォージ社に、鍛造品の特殊技術に関する技術移転契約を締結。
1997年(平成9年)ISO 9002の認証を取得。品質管理を国際標準に準拠。
2000年(平成12年)700トン熱間自動鍛造ライン稼動。
2001年(平成13年)QS 9000の認証を取得。
2002年(平成14年)羽曳野第一工場棟に3,000トン 5工程全自動熱間鍛造ラインを新設
ISO14001認証を取得
NSKワーナー株式会社と自動車用フローフォーミング成型部品の取引を開始
2003年(平成15年)ISO/TS16949認証を取得
2004年(平成16年)ISO14001認証を取得
2005年(平成17年)羽曳野第三工場棟竣工
高圧ガス容器の開発・製造を開始
ハブユニットの機械加工を開始
2005年(平成17年)1200トン熱間鍛造ラインを新設
2006年(平成18年)羽曳野第四工場棟竣工
1600トン熱間鍛造ラインを新設)冷間鍛造ライン(1000トン+250トン)新設
フローフォーミング機2台新設
2007年(平成19年)羽曳野第四工場棟に3000トン熱間鍛造ラインを新設
2007年(平成19年)大阪中小企業顕彰事業「“匠by繁盛”大阪フロンティア賞」で、「魅力あるものづくり部門」および「イノベーション奨励部門」の両部門において、最優秀賞を受賞。
2009年(平成21年)羽曳野第五工場棟竣工
プレス成形による高圧ガス容器(ライナー)の開発を開始
2011年(平成23年)役員人事改選 阪口鉄兵 代表取締役会長に就任
役員人事改選 阪口善樹 代表取締役社長に就任
2011年(平成23年)株式会社ジェイテクト様より、ハブユニット外輪の外バリなし鍛造(閉塞鍛造)の量産化成功により「2010年度技術優秀賞」を受賞。省資源とコストダウンに大きく貢献。
2011年(平成23年)タイにサムテック(タイランド)株式会社を設立。資本金1億8千万タイバーツ(約5億円。サムテックの全額出資)
事業内容はタイにおける日系企業向け熱間鍛造品の製造販売。量産開始は2013年を予定。
2013年(平成25年)工機工場(ダイセットの補修専門工場)を柏原羽曳野企業団地内に竣工。
2013年(平成25年)サムテックは創業100周年を迎える。
2014年(平成26年)水素ステーション用高圧ガス容器(高圧複合蓄圧器)の量産を開始。
2015年(平成27年)全国69ヶ所の水素ステーション(定置式および移動式)へ、高圧複合蓄圧器を供給。
2015年(平成27年)取締役会長阪口鉄兵は、長年にわたる鍛造技術の開発、普及に多大な貢献をした事により黄綬褒章を受章。また同年に大阪府産業功労者としても表彰される。
2016年(平成28年)高圧ガス容器事業にて受託試験を開始。
PAGE TOP